「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

HAPPY LIFE

nfavorite.exblog.jp

2007年10月生まれの娘と、2009年5月生まれ、2011年5月生まれの二人の息子の育児日記。

f0098694_1715778.jpg

このところの急な気温の変化で風邪をひいてしまった子供達。

しかも、まだママの免疫があるから大丈夫だろうと思っていたボクまで。

娘が幼稚園で風邪をもらってくると、下の2人にうつるのはあっという間です。

今日は朝から3人を連れて小児科へ行ってきました。

今年はなんともうRSウイルスが流行っているのだとか・・・・

昨年末、こたろうはRSウイルス性の肺炎にかかり入院しました。

だから心配で・・・・・念のため検査してもらった結果、陰性でしたが、もし治らないようなら

もう一度検査してみたほうがいいかもとのこと。

RSウイルスは1歳未満の子がかかると重症化しやすいのだそう。

ボクにうつってしまったら大変です。

でも、上の2人の風邪をうつさないようにするのはなかなか難しい・・・・

アロマを焚いていたって、ボクに抱きつきながらゴホゴホ咳をされたのではうつっちゃうしね。

‘上の2人にマスクをさせれば’と夫は言うけれど、おとなしくマスクをしているわけがない!

これからの季節、風邪対策をきちんとしなければいけません。

みなさんも季節の変わり目、風邪をひかないように気を付けてくださいね。
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-09-28 17:25
f0098694_11205222.jpg

ずっとずっと放置し続けてしまいました!

お久しぶりです!
先日無事に4ヶ月を迎えました♪
あっという間にこんなに大きくなっちゃって・・・・・
ボクはとーーーーっても良い子ちゃんで、全然手がかからない親孝行な子ですemoticon-0109-kiss.gif
本当に良く寝てくれるし、ほとんど泣くこともないし、いつもニコニコでみんなを元気にしてくれます。
上の二人もボクがかわいくて仕方ないようで、ボクにべったり。
あまりの愛情の深さに、ボクのほうが迷惑そうです。笑

私もようやく体調も元に戻り、3人の育児にも慣れてきました。
家事や育児をテキパキとこなし、とにかく少しでも自分の時間が持てるようにしています。
今回は母乳一本で育てているため、ボクを預けることができないのがちょっと不便なところですが・・・
でも最後になるであろうこの育児を、今のこのふにゃふにゃのやわらかい感触や
赤ちゃん特有のあまいおっぱいのにおいを愛おしく感じながら楽しんでおります。

なんだか書きたいことはたくさんあるけれど、うまくまとまらないのでまた今度。

また時間があるときにアップします。

f0098694_1150110.jpg


f0098694_11501824.jpg

[PR]
# by make_me_happyN | 2011-09-20 11:51
f0098694_12132061.jpg

先週の金曜日、初めての親子遠足がありました。

産後9日目の体で、まだまだ立っているのも辛い・・・・ましてや歩くのなんてもっと辛い・・・・・
絶対に行けない!と思っていたけれど、初めての遠足に娘はとても楽しみなよう。
4月の入園以来、毎日毎日泣きながら幼稚園に通い、ようやく私の出産と共に泣くことなく
通えるようになった娘。
幼稚園での様子も知りたいし、お友達も作ってあげたい。
それに何より、私が出産でいない間、そして産後もずっとお姉ちゃんとして頑張っている
娘と二人だけになれる時間を作ってあげたいと思い、なんとか頑張って遠足に行ってきました。

お天気にも恵まれ、久しぶりに外の空気を吸った私もとてもいい気分転換になりました。
娘の幼稚園はマンモス幼稚園で、園児だけでも一学年140名×3学年、それにその家族
(両親や兄弟、おじいちゃん、おばあちゃんまで)が来るとなると、それはそれは大人数の
遠足。だから基本的にはクラスで行動するという感じでした。
遠足自体は、‘ん??こんなもの???’という感じだったけれど、ママたちと交流でき
たことや、娘と二人だけの時間をもてたこと(一緒に競技に参加したり、お弁当を食べたり)
は良かったなぁという感じでした。
私から見ると、まだまだ自分の殻が破れずお友達ともうまく話したりできてないようで
したが、本人は‘今日の遠足、すごく楽しかった♪’と嬉しそうだったので、まぁいいのかな・・?
彼女のペースで馴染んでいくのでしょうね。

そして、友達に預けていったこたろうとボクも本当に良い子でお留守番してくれたよう。
これなら二人を預けても大丈夫そうなので、しばらくたて続けにある園の行事は友達の
力を借りながら参加することにします。

f0098694_12435392.jpg

ホント、お姉ちゃんになったねぇ~
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-05-25 12:50
f0098694_1129836.jpg

月曜日から、自宅に戻っての子供たち3人との新生活が始まりました。
その日は娘も幼稚園を休ませてしまったため、早速一日中3人の育児に追われるという
状態でした。
みんな、‘産後の体なんだから、無理しちゃだめよ!家事なんてほどほどに、寝てなくちゃ’
と口をそろえて言うけれど、‘お腹すいた~’、‘ママあれして、これして’と言われたらやらない
わけにはいかない。想像していた以上に体が痛くて動かず、何をするにもスローペースだから
時間もかかる。私的には手を抜いた家事をしているつもりだけれど、結局時間がかかって、
一日中家事と育児に追われるというスタートになりました。
しかも、ボクは環境が変わったせいかなかなか寝てくれず、1時間おきに泣くという状態。
まぁ、上の二人が大騒ぎをしているし、ボクに興味津々でちょっかいを出すから無理もない。
おまけに、こたろうはボクがかわいいけれど、ママをとられた焼きもちがひどく泣いて大騒ぎ。
もう本当に先が思いやられる一日でした。

ところが・・・・・・
二日目。娘が幼稚園に行き、昨日とは違って家の中も静かになり、ボクもなんとなく環境に慣れ
たのか、3~4時間おきにおっぱいを欲しがる以外はほとんど眠ってくれました。しかも夜中も1回
目を覚ます程度。(でも上の二人が1回ずつ夜泣きするので、結局3回は起きますが)
手のかからない、良い子ちゃんです。
でもまぁ、それだからと言ってこたろうがいるから横になったりできるわけではないのですが。
けど、思いもよらずこうしてブログを更新する時間が持てました。

出産直後は、自分が産んだ子という実感も、やっと会えた~という実感も湧きませんでしたが
(出産の辛さのほうが勝っていて)、こうして一緒に生活をするようになって改めて、とても
愛おしく感じて、新生児独特のかわいさにほっこりと癒されています。
あっという間に大きくなってしまうので、一日一日を大切に過ごしたいと思います。

f0098694_13353341.jpg

こたろうの深い愛情に迷惑であろうボク
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-05-18 13:36
授乳生活も3日目に入り、少しそのペースに慣れてきたように見えるボク。
でもやっぱりまだまだ眠っていることが多く飲んでくれる量が増えません。しかもマイペースでゆっくりゆっくりなので、毎回私一人最後まで授乳室に残っています。
授乳の間隔は、3時間。毎回飲む量が少ないから、泣いたら呼ぶので授乳しに来てくださいと言われてるけれど、呼ばれることもありません。笑
本当に良く眠るし、手のかからない子のよう。家に帰ってもそうだと良いのだけれど…という感じです。

明日はいよいよ退院。通常は5日入院ですが、経産婦は希望すれば4日で退院ができます。本当は自分の体調を考えると5日入院したいのですが、家で待っている子供達のことを考えると、一日でも早く帰ってあげなきゃと思います。
でもこの体の快復具合で、育児と家事がこなせるのか⁇と、入院中ずっと考えて胃まで痛くなってきました。笑
本当にどうなることやら…

退院前の産院からのプレゼントとして、アロママッサージを受けました。アロママッサージを受けるのなんて、何年ぶりでしょう。たった30分だったけど、久しぶりにアロマの良さを実感。特に産後の身体には、人の手のぬくもりや香りの癒し効果が、てきめんに効くだろうなと思います。
いつか、アロマを再開することができたら、絶対に妊婦さんや産後のママのケアをやってあげたいと、アロマを再開する目標ができました。

さぁ、産後のゆったりとしたのんびりの時間も今夜が最後。またブログの更新もストップするかと思いますが、更新できるときに子供達の写真もアップしたいと思います。今夜は夜中の授乳はパスしてゆっくり寝ようっと。
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-05-14 18:36
昨日からいよいよ授乳がスタートしました。

助産師さんには、“大きな子だから、きっとたくさん飲むから、早くおっぱいが出るようにしなくちゃね。”と言われ、私もその気でいました。
ところが、当の本人は全然やる気なし!
いつもくわえては眠ってしまって、全然吸ってくれません。
同じ日に産まれた女の子達はぐびぐび飲んでるのに… こたろうもおっとりマイペースな子だったけど、ボクもどうやらおっとりマイペースな子のようです。まぁ、激しくギャーギャー泣かれるよりは全然ましなので、いいかな。笑

そして、心配していた上の二人の子供達ですが…
昨日パパと一緒にお見舞いに来てくれました。入院前から私が出産でおうちに帰れないことをきちんと理解していた娘は、全然平気でやってきました。けれど、こたろうは私を見るなり固まってしまい、目も合わせてくれません。泣くのを一生懸命こらえている姿は、本当にかわいかった。笑
しばらく抱きしめてあげると、普通に戻って喜んで赤ちゃんを見ていました。そして平気な顔をしてバイバーイなんて帰って行ったけれど、家に帰ってから不安定になり“ママ、ママ”と泣いてしまったそうです。
今回は、義母も体調を崩し入院中で、じーじとパパだけしかいなく、昼間はうちの実家に預けられと、慣れない生活が続いているから仕方ありません。でも、そんな中で
娘はパパと幼稚園に泣かないで行くようになり(私がいた時には、いまだに毎日泣いてました)、支度も自分で頑張っているようだし、こたろうも預けられている間は泣くこともなく良い子のよう。二人とも本当に頑張ってくれているようで、安心したし、二人の成長をすごく感じます。
でもこれで赤ちゃんとの生活が始まったら、赤ちゃん返りするのかな?
とりあえず、帰ったらいっぱい褒めてあげ、甘えさせてあげたいと思います。
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-05-13 15:45
5月11日午前10時31分に、3566gもある元気な男の子を出産しました。
様々な事情から、翌日の5月12日に促進剤を使っての計画分娩を予定していただけに、ギリギリセーフで自然分娩できて本当に良かったです。
今までの中では一番スムーズだった今回の出産。最初は相変わらず子宮口が4cmしか開いてなく、午前5時に入院したのに産まれるのは昼過ぎくらいかしら?なんて言われてがっくり…しかも促進剤を使うかもなんて言われたから、どんなことをしても早く自力で産みたいと思い、陣痛がきやすい体制で(歩いたり、座っていたり)、陣痛に耐えました。その甲斐あって、午前7時過ぎから本格的な陣痛が始まり、そこからは3時間ほどで産まれるという、私にとってはなかなかスムーズな出産でした。
とは言っても、ベビーが大きかったためになかなか出てこなくて、先生が上からお腹をグイグイ押して出してもらいました。もう骨盤が崩れそうな、体が裂けそうな今までにない一番の痛みでした。
しかも今回は陣痛から出産までずっと一人で耐え、お産が終わって気づけば体中のあちこちにあざや傷がありました。笑
やっぱりお産は何回経験しても大変なものです。無痛の時はやはり産後が楽だったけれど、今回は体中が痛くて、おまけに骨盤がグラグラで座るのも、ましてや歩くのも困難な状態。
退院したらすぐに子供達三人との生活が始まるけれど、やっていけるだろうかと不安です。とりあえず、入院中はゆっくり休んで体力の快復に努めたいと思います。

これからまた、小さな小さな赤ちゃんとの生活が始まるかと思うと、大変だろうけど楽しみです。

f0098694_20111357.jpg

[PR]
# by make_me_happyN | 2011-05-12 17:50
f0098694_035548.jpg

母が亡くなって今日で2年になります。

2年たった今でも、母への想いは変わることがありません。

私にとっては一番尊敬できる人であり、そして最愛の人。

ある方のブログでこんな記事を見つけました。

親がこどもに贈る 最大のプレゼントは何だろう?

こどもへの愛であることには間違いないけど
親から贈られる、最大の愛のプレゼントは何だろう?

幼いころの親の優しい思い出
思春期に支えてもらったこと
影になり 日向になり 
こどもが幸せになれるように祈りつづけること
叱咤激励して 厳しいほどの愛を与えられたこともあるだろう

かけがえのないものが 人それぞれたくさんあるに違いない
けれど
親がこどもへ贈る最大のプレゼントは
親の死かもしれない、と思う

人生において もっとも悲しいことの一つ
親の死

でも
親は死ぬことで
たくさんの 気付きをこどもに与えてくれる

親と どんな間柄であったにせよ

どんなに 自分が愛されていたか
どんなに 自分が親を愛していたか
自分にとっての 親の存在は何だったのか
生きることって何だろう
死ぬことって何だろう
人生って何だろう
愛するって何だろう?
深く深く 思わずにはいられない機会を与えてくれる

もっとも自分自身を省みたり
自分の中の愛に気づかせてもらえる機会を与えられる

最大に悲しいことは もっとも大切なことを教えてくれる 
素晴らしいことかもしれない


これを読んだ時、本当にそうだなぁと思いました。

母の死を通して気づかされたことはたくさんあります。

悲しい出来事だったけれど、最後の最後まで大切なことを教えてくれた母へ、

私は‘感謝’の一言しかありません。

ありがとう。
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-03-01 00:33
f0098694_0362162.jpg

こちら、先月伊豆に行った時の写真。

娘3歳4ヶ月、こたろう1歳9ヶ月(明日で)になりました。

こたろう、もういっちょまえに反抗もするし、娘とけんかしても負けないくらい強かったりします。笑

二人とも正反対の性格だけれど、けんかもしょっちゅうするけくれど、でもとっても仲良し。

二人で仲良く遊んでくれるようになったのでとても助かります。

というか、娘が本当によく弟の面倒を見てくれます。

それに私にもとっても優しい。

大きなお腹で体がきついとき、‘ママ大丈夫?寝てていいよ。マッサージしてあげようか?’といって

気遣ってくれます。なんだか私が母にしていたように、私の体を心配し、気遣ってくれる娘。

あの時はまだ小さかったけれど、きちんと見ていたのかな?

女の子を産んで本当に良かったと思う今日この頃です。

3人目が生まれたらどうなるんだろう?仲良し3姉弟になってくれたらいいけれど。

子供が3人になると、そこに小さな社会が生まれるのだそう。

それを見るのも楽しみです。
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-02-23 00:51
自分のブログを開くのは、一体何ヶ月ぶりでしょう?

昨年10月にアップして以来、ずっと放置し続けたブログ。
まったく更新もしていなかったにもかかわらず、のぞきに来て下さってありがとうございました。
二人の育児に追われ、夜には疲れ切ってしまいPCをひらくこともほとんどない毎日でした。
なかなか今までのように更新はできないし、もうやめようかと思いましたが、急にブログを
開く気に。今ちょうど二人とも寝ているので、久しぶりに書いてみることにしました。
今回更新しても、またしばらく更新できなかったりするかもしれませんがその時はすみません。笑

この4ヶ月、娘の幼稚園選びや、面接などの入園準備、そして七五三などの大きなイベントが
あり、年末には息子が肺炎になって入院してしまうというバタバタと慌ただしい日々が続いて
いました。年が明けて、ようやく落ち着きましたが、1歳8ヶ月になった息子はどんどんやんちゃに
なっていくし、二人の相手をしていると毎日あっという間に過ぎ、夜にはPCを開く元気など
残っていませんでした。笑

そしてなによりも大きな変化。
それは3人目を授かったことです。
実は昨年の旅行から帰ってきてすぐに妊娠に気付き、ひどいつわりの日々が始まりました。
今回は今までのなかで一番つわりがひどくて・・・・・2ヶ月間ひどいつわりに苦しむ日々でした。
起きていられないなんて状態になったのは今回が初めて!
そんな中で二人の世話をするのは本当にきつかったemoticon-0106-crying.gif
でもこの冬は風邪をひくこともなく、今のところ順調な妊婦生活を送っています。
そんな妊婦生活も現在28w5d。 8ヶ月目に突入したところです。
今回はお腹が大きくなるのが早く、もう臨月じゃない?と思えるような立派なお腹をしています。笑
ベビーもどうやら大きいらしく、このままいくと二人目と同じか、それ以上の大きさになりそうだよ
と昨日の健診で言われました。
二人目でも3414gもあったのに、それ以上大きい子なんて・・・・・
食事制限すれば大きくならないですか?と聞いてみましたが、そういうわけでもないそう。笑
たくさん食べても赤ちゃんが大きくならない人もいるし、食べなくても赤ちゃんが大きくなる人も
いるとのこと。
二人目の出産でもあれだけ苦しんだので(大きくてなかなか出てこなくて)、二人目以上大きく
ならないことを祈ります。
予定日は5月。
あと2ヶ月、どんな妊婦生活になることやら?という感じです。

こんなところがこの4ヶ月の出来事でしょうか。
二人もとても成長したので、時間と体力があればまた近々二人の写真もアップしたいと思います。
[PR]
# by make_me_happyN | 2011-02-20 18:49